タイ瞑想、静かで穏やかな時間 in 段医院

〜タイ瞑想ワークショップ〜
 静かで穏やかな時間でした。

栃木、群馬、東京にあるタイ瞑想村からお越し頂いたタイ人僧侶 ティッサロー師の柔らかなオーラでそんな時間になりました。

師の言葉より〜
目を開くと→他人が見える
目を瞑ると→自分が見える
※自分を学んでから外のものを学ぶ

瞑想法も今や色々ありますが、どれも目指すところは
《心を落ち着かせる》こと。

落ち着かないと、ポジティブ継続ができないし、新しい発想が生まれない、人がみんな持っている自分の優れた能力にも気付けない、人に優しくできない。

そして、何より、毎日が "しんどい"

に、わたし自身、行きついたので
とにかく続けて、その日の瞑想状態を自分の心のバロメーターにもしています。

瞑想法の種類
★集中法
禅、慈悲瞑想、気功、クンダリーニ・ヨーガ、ヴィパーサナ

★黙想法
座禅、マインドフルネス、クリアヨーガ、サハラジ

★自己超越法
超越瞑想
など、など。。
知ってはいてもまだやった事のない
瞑想法もたくさん。

タイ瞑想より〜
瞑想成功のキーワード
☆リラックスすること
☆集中すること
☆安定させること

そして最も重要な事
★続ける事★

これは、ある有名な方が言われていたフレーズ
『人々は時間があるので、瞑想するわけではありません。時間のない人々の方が、瞑想する時間を作っているのです』
たしかに。。。
あれやこれや言いながらも続けてきて良かったかな。

つくづく、そう思っています。
       
昨日、りんごを丸かじりしていて、ふとこんな事を思いました。

袋にたくさん入っていたりんごの中に、皮が少し傷んでいたのがひとつ。

全体的に問題なさそうで、皮が少しだけ傷んでいたので、食べられると思って、ナイフで傷んでいるところを削っていきました。

すると割と奥まで茶色くなっていて、でも芯の部分に到達すると
また、きれいなピュアなりんご🍎の姿になっていて、、、

これって、人の心みたいだな。と。

日常、色んな でき事にまみれて濁ることはあるけれど、みんな、このりんごの芯のように、本来の心は純粋で濁りのない。

そう思えたら本来持っている、自分の中の磨けば光る原石のような《本質》に気付いて、引き出して、人生ハッピー^_^  

りんご🍎🍎🍎から、大きく発展した自分に 笑。

そう、瞑想は、りんごの芯に到達するために傷んだ果肉を削る作業なのかなと。

そんな風に理解すると、瞑想も続け易いかもしれません。

軽く目を閉じて、楽な姿勢で座って、ゆ〜く〜り、呼吸して。
【雑念】ハイ!しょっちゅう、しょっちゅう登場します。
雑念、また出てきた〜
と受け止めて、観察して、ざっとそんなことを続けていくと、雑念もだんだん引っ込んで、あらっ!
気づいたら1時間 経ってた。。

最近のわたし、あるあるでした。

Yoga room Kamala

[ヨガルーム カマラ] ヨガ * インド家庭料理教室 * WS * イベント * 姫路